缶サット甲子園2017

缶サット甲子園とは、高校生が自作した缶サット(空き缶サイズの模擬人工衛星)を打上げ、自ら設定したミッション(模擬人工衛星の動作や働き)を遂行させるなかで、技術力・創造力を競う競技会です。生徒の皆さんが斬新でオリジナリティーのある缶サットを作り、「coolさ」を競うものです。

詳しくは缶サット甲子園とは?をご覧ください。

缶サット甲子園2017年度 概要

8月下旬に千葉県にて「缶サット甲子園  全国大会」を開催します。全国大会の出場権を競う「缶サット甲子園  地方大会」は各地方で有志団体により開催されます。

地方大会のレギュレーションは、各地方によって違うことがあります。本年度の大会の詳細をよくご確認ください。

全国大会

開催日:2017年8月27日(日)~29日(火)

開催地:千葉県鎌ケ谷市を予定 

地方大会

各地方大会の上位入賞校には全国大会の出場権が与えられます。いずれの地方大会も、高校の所在地に係わらず、全国から参加することができます。ただし、旅費・宿泊費は自己負担となります。

地方大会は、「理数が楽しくなる教育」実行委員会の承認のもと、各地の運営主体が開催しています。

関東地方   開催地:千葉県鎌ケ谷市・東京都港区(運営主体:缶サット甲子園関東地方大会実行委員会)

開催日:2017年7月23、24日(日・月)

中部東海地方   開催地:岐阜県各務原市(運営主体:岐阜大学)

開催日:2017年7月8日(土)

近畿地方   開催地:和歌山県和歌山市(運営主体:缶サット甲子園和歌山地方大会実行委員会)

開催日:2017年7月9日(日)

 

最新情報

  • 2017年5月17日更新 近畿地方大会(和歌山)の開催要項が公開されました。
  • 2017年5月9日更新 2017年度開催予定(一部未定)を公開しました。