缶サット甲子園について

缶サット甲子園とは、高校生が自作した缶サット(空き缶サイズの模擬人工衛星)およびキャリア(缶サットを搭載する機構)を打上げ、上空での放出・降下・着地の過程を通じて、技術力・創造力を競う競技会です。従来の競技会のように「定められた技能」を競うのではなく、生徒の皆さんが斬新でオリジナリティーのある缶サットを作り、「coolさ」を競います。

詳しくは缶サット甲子園とは?をご覧ください。

参加をご検討の皆さまは、参加の流れ・申込方法をご覧ください。

過去の大会の詳細は、こちらのページをご覧ください。

【学校教員の皆様へ】初めて参加ご検討の学校の指導教員の方はこちらもご覧ください。

最新情報

    2015年度の開催に関しまして

    8月に秋田県にて「缶サット甲子園全国大会」を開催します。全国大会出場権を競う「缶サット甲子園地方大会」は各地方で有志団体により開催されます。

    本年度はスポンサードの関係により全国大会は従来のかたちとは違います。本年度の大会の詳細をよくご確認ください。

    また、全国大会出場権を伴わない一般の缶サット競技会も北海道で開催されます。
    いずれの地方大会も、高校の所在地にかかわらず、全国から参加することが可能です。

 

 

    【缶サット甲子園地方大会】(上位入賞校は缶サット甲子園全国大会出場権獲得)
  • 東北地方

    開催地:太平山スキー場オーパス(秋田県秋田市)

    開催日:2015年7月18日(土) /申込締切:2015年6月30日(火)

    特徴:主催者提供のモデルロケットまたは希望により自作のモデルロケットによる打上実験を予定。ロケットを準備しなくても缶サットのみで参加できます。

  • 関東地方

    開催地:野田スポーツ公園(千葉県野田市)、

             および 東京工業大学附属科学技術高等学校(東京都港区)

    開催日:2015年7月22、23日(水・木)/申込締切:2015年6月30日(火)

    特徴:係留バルーンからの投下実験を行います。

    (千葉工業大学での開催は、一般競技会としての開催を検討することとなりました。)

  • 中部東海地方

    開催地:かさだ広場・かかみがはら航空宇宙博物館(岐阜県各務原市)

    開催日:2015年7月20日(月・祝)/申込締切:2015年6月22日(月)

    特徴:係留バルーンからの投下実験を行います。

  • 近畿地方

    開催地:コスモパーク加太および西脇中学校(和歌山県和歌山市)

    開催日:2015年7月12日(日)/申込締切:2015年6月12日(金)

    特徴:自作のモデルロケットを利用した打上実験を行います。

  • 九州地方

    開催地:佐賀県立唐津東高等学校・中学校(佐賀県唐津市)

    開催日:2015年7月20日(月・祝)/申込締切:2015年6月30日(火)

    特徴:主催者が提供するモデルロケットによる打上実験を行います。

 

    【缶サット甲子園全国大会】
  • 開催地:秋田県秋田市(予定)
  • 開催日:2015年8月11日(火)~13日(木) 
  • 2015年度缶サット甲子園の詳しい情報は、こちらをご覧ください。

 


 

    【一般競技会】(注)缶サット甲子園全国大会の出場権は伴いません
  • CANSAT競技会

    開催地:株式会社植松電機(北海道赤平氏共和町230-50)

    開催日:2015年7月30日(木)(予定)/申込締切:2015年6月20日(土)

    特徴:カムイロケットを利用し、昨年までの缶サット甲子園とほぼ同じレギュレーションにて、打上実験が実施できます。ただし、缶サット甲子園全国大会への出場権は得られません。

新たな「地方大会」の開催を歓迎します

地方主催を希望される団体・機関は、「理数が楽しくなる教育」実行委員会 事務局までご連絡ください。大会運営の技術的なサポートも可能です。

缶サット甲子園に参加を考えられている教員の皆様へ

初めて参加ご検討の学校の指導教員の方はこちらもご覧ください。

 

更新履歴